鳥山真翔ものがたり

0歳〜3歳【生誕】

1989年9月5日。

東京都板橋区の病院で生まれ、すぐに練馬区へと引っ越す。


生まれた時、病院で母が

「この子は私の子じゃない」

と呟き周囲を驚かせる。


お顔はまん丸だが常に目に力がある不気味な子供だった。


音大卒で研究者の父と、おおらかな母の元に生まれた、

2歳年上の姉、1歳年下の妹の間の、長男。


生後9ヶ月で完全に2足歩行、

3歳の頃には補助なしで自転車に乗り始める。


誕生数は5。運命数は7。

自由と変化の本質の中に、

精神性のカルマを背負う人生が、

ここから始まるのである。

3歳〜8歳【目覚め】

トランペッターであった父の元、

3歳からトランペット、ピアノを始める。


絶対音感が身につき、周りの人との感覚の違いに悩み始める。


小学校に入っても、

「なぜこんな簡単なことをわざわざ学ばなければいけないのか」

「こんな問題がわからない理由がわからない」

と、周囲とのギャップからか、大人しい子供になる。


また、この頃からすでに

謎の体調不良や発熱をよくおこし、

周囲を心配させる。


ちなみに、男の子らしく”〇〇レンジャー”が好きだったが、

真似をするのは女性演じるピンクのキャラばかりで、

この頃からLGBTQ的片鱗が顔を出していたのかもしれない。


9歳〜14歳【天才少年】

みるみる天才になってゆく。

小学5年生の頃の自由研究で、


「100種類の水溶液を作り、

その容器を叩いた時の音程、周波数の違い」


を研究し、東京都から特別表彰される。


音楽でも神童と呼ばれ、

サントリーホールでトランペットソロ演奏をする。


周りから将来を期待され、塾に週5で通い、

中学受験をする。


日本でも有数の進学校が合格確実だったが、

受験日全て、いつもの発熱となり試験に参加できず不合格

人生で初めての大きな挫折をする。


結果、練馬区にある公立の中学へ進む。


この頃から謎の体調不良が悪化

病院では検査しても何も出ないので仮病扱いされ始める。


余談だが、14歳の時に、

原宿でスカウトされ、芸能事務所にも所属。

映画やドラマに出演。結構しっかりとやる。


その後の人生がどうなってしまうのか・・・この頃は知る由もなく。。。


15歳〜17歳【崩壊】

中3の時に、家庭崩壊し、何かの糸がプツンときれ、

塾に行ったフリをしながら、毎晩悪いやつらとつるむようになる。


不登校になり、父親とは包丁を振りかざし合う喧嘩をする日々。

自分は愛されていないのだ、

生まれてきた意味なんてないと信じ込む。


家にほとんど帰らなくなり、

さらに素行は悪化。父親と縁が切れる。


ちなみにその頃男性と初×××。(笑)


英語が話せたため英語特待で無理やり

高校に入学するが、3ヶ月で中退。


さらにさらに悪化。

ここには書けないほどやばい日々を過ごす。


その後、謎の高熱を出し

生死を彷徨う。


半年間入院。

難病の持病を抱える

医師に「このままだとあと10年も生きられない」と余命宣告される。


16歳にして余命を告げられたことにより、

人生について深く考え、素行改善しようと試み、

高校に再入学。


1個下の子たちに呼び捨てされるのが耐えられず、

喧嘩の日々で、またも3ヶ月で中退。


高校を2回も3ヶ月で中退するという偉業を成し遂げる。

17歳〜19歳【ダークサイド。】

さらに本当にヤバいやつ(ヤバすぎて割愛。笑)となり、

ダークサイドな社会人として様々な経験をする。


この頃より、自分の体調不良が、持病だけでなく、

霊的なチカラが原因でもあると気がついてしまう。


気がついてから、

今世の修行として?

あり得ないことばかり体験させられるようになる。


出会う人(友人や同僚や恋人)が不慮の事故に巻き込まれたり、

病に犯されてしまったり、

たくさんの悲しいお別れをする。

死生観を日々考えるようになる。


霊的な症状が収まらず、精神科に通うようになり、

統合失調症やパニック障害と診断されるがしっくりこない。


悪い縁をたちきり、群馬県に逃亡。

ホストクラブで働きながら高崎駅にて路上ライブをはじめ、

自分には音楽があることを思い出し、、、

半年後、東京に戻る。


以前いた事務所のつてで、

子役に歌を教えることからボイストレーナー業を始める。


さらに音楽を学ぶために、

200万円借金をして、音楽の専門学校に入学。


ボイストレーナーとして、

某音楽スクールに勤めながら、学校に通う。

二足の草鞋の日々。


目に見えぬ力を感じながら、

少しずつ更生されてゆく。

20歳〜22歳【独立・起業】

無事成人を迎える。


ボイストレーナーとしての才能がすぐに開花し始める。

いきなりたくさんの生徒に師事していただき、

自分の生きる道はこれだ、と確信。


しかし、すぐに発熱することに社会的な理解を得られず、

当時社員として勤めていたボーカルスクールを退社。

21歳の頃、独立をし、「Switch Of Voice」を設立。


もちろん起業は甘くなく、、、


夜はアルバイトで水商売(ゲイバーやホスト)

整体師の仕事などと掛け持ち。

これらの仕事は、今、全てに役立っている。


ヤンキー根性で

常に3つ以上の仕事を掛け持ちし、

平均睡眠時間は2時間

移動の電車が唯一ゆっくり寝られるので、オアシスだった。


また、ルックスがたまたま整い、空前絶後のモテ期襲来。(笑)

日々違う男と寝、数百以上の様々な恋に溺れ、

恋から人との深いコミュニケーション、心理を学ぶ。


フレキシブルに仕事をしているのをいいことに、

毎日この世の遊びという遊び、

全てを経験したのではないだろうか。


きっと、ここまでずっと、寂しかったんだと思う。

23歳〜24歳【カリスマへ。】

当時勤めていたゲイバーや、西麻布のバーのつてで、

たくさんの芸能界の人脈ができる。


ボイストレーナーとしても才能が頭角を現し、

たくさんの芸能人を教え始める


「Switch Of Voice」にも、たくさんの未来ある若者が通うようになり、

常に生徒が100人以上いる状態となる。

バイトは、この頃には全て辞めた。


知らぬ間にカリスマ、と呼ばれるようになり、

みるみるみんなが僕を見る目が変わったのがわかった。


僕がいい、と言ったものは、いい。

僕が悪い、と言ったものは、悪い。


そんな環境になっていった。

自分の言葉には人の人生を変える力があることを知った。

それは自分の言葉ではなく神様に喋らされているようだった。


夢を追う生徒たちの人生を背負うほど、

精神的には、弱っていった。


それとは裏腹に、

僕のスクール「Switch Of Voice」は急拡大して行った。

25歳【カオス】

「自分が歌手として、プロとして背中を見せる」

そんな意気込みで、生徒たちを引き連れ、

「鳥山真翔with Switch Of Voice Choir」でデビュー。


オリコンにも続々チャートイン、

iTunesストアランキングでも最高1位を獲得。


生徒たちも続々とメジャーデビューを果たす。


順風満帆のように思えるがその頃、

謎の体調不良のほかに、

重度の目のチック症に悩まされる。


人の声を聴くたびに、まばたきが止まらない。


いつしか、自分のボイストレーニングが、

耳ではなく目を頼りに行なっていることに気がつく。


さらに同時期、ボイストレーニングの限界を感じ始める。


「声を変えるということは、

人生を変えなければいけないということだ」


と、壮大なテーマを与えられたのだと悟る。

ただ、僕が感じる限界とは裏腹に、 「Switch Of Voice」はさらなる急拡大を続ける。


その頃、、、

2歳年上の実の姉が、


末期(ステージ4)の卵巣ガン


だということが発覚する。


支えるために、

自分の家に姉と母をよび、共に暮らし、

弱りゆく人の生命と向き合う日々となる。

26歳【姉の死と、植物人間の母。】

生徒は増え続け、

常に月に100時間以上のレッスンをする。

さらに自ら歌手としても、月に15本〜20本のライブや、

会社経営、プロデュース業をこなす中、


姉のガンが進行。


支えながら、また不眠不休の生活となる。


疲れからか、僕も痩せてしまい、

180cm近く身長があるのに、体重が53キロになる。


26歳の11月。

ある日、


今度は姉ではなく、


母親が突然、

重度のくも膜下出血で、

意識不明の植物人間状態となる。


毎日仕事の合間に母と姉の病院を何度も往復。

毎日意識のない2人と向き合うこととなる。


生徒たちの夢を支え続け、頭が狂った。


そして、その1ヶ月後、

姉が28歳で、

ガンによる呼吸不全で亡くなる。


1ヶ月の間に、

一緒に暮らしていた2人を突然失い、

途方にくれた。


母が意識不明になった日も、

姉が死んだ日も、

僕はステージに立ち、歌い、

生徒に背中を見せ続けていた。


人はなぜ生まれてきて、なんの使命を果たすのか。


死ねば灰になる。魂なんて綺麗事だ。

思い出のみを残すことのみになんの意味があるのか。


溺れるように苦しみながら28歳で死んだ、

大好きだった姉の亡骸を見ながら、


娘の死を見ぬまま50歳で植物状態となった、

大好きな母の寝顔を呆然と眺めながら、


ただ、そう思った。

27歳【生と死と、脳と筋肉】

両親は離婚していたため、

家族は突然、僕と妹の2人となった。


その後、母は奇跡的に一命を取り止め

少しずつ回復して行ったが、

意識が戻るのに半年かかり、

右半身に重度の麻痺が残る。


さらに、、、

起きた頃にはほぼ全ての記憶を失っていた。


バリバリのキャリアウーマンだった母が、

高次脳機能障がいのため、

幼稚園児のようになった。


その姿もショックだったが、

何より、自分の意識がない間に、

「あなたの娘は死んだんだよ」

という事実を伝えることができないことがショックだった。


生と、死について考えるうちに、

それらをあまり考えていない人と話すのが苦痛になることもあった。


喜怒哀楽は失っていた。


何かを楽しむことの虚しさ、

何かに怒ることの虚しさ、

そんなものは、母や姉の心と比較したら、

全て無駄だと感じた。


そして、、、

ある母のケアマネージャーさんとのミーティングの際、


「ずっとは入院できないので、

あなたはこれからずっと、

お母さんの介護生活になります。


お母さんは歩くことも正常な判断もできないので、

今のような不規則なお仕事ですと、

難しいかもしれません。」


と告げられる。


そうしているうちに知らぬ間にカリスマは崩壊し、

生徒たちと関わることが苦痛になり、

会社を畳むことを決意。


たくさんの生徒にお別れを告げる。

そして愛情の裏返しで、

たくさんの生徒に、恨まれ、嫌がらせを受ける日々。


精神的にボロボロだったが、

それでも母の体を少しでも回復させるために、


毎晩寝ずに、脳と筋肉の研究を始める。


病院でも行わない母のリハビリを、

僕自身が行い始めると、


母はみるみる記憶を取り戻し、

筋肉の拘縮も、溶けてゆく。

28歳【同性婚】

27歳で介護生活が始まるとわかった時、

「一緒に介護をしてくれる生涯のパートナー」

がいればすごく助かるな。


と思っているところに、

心優しいベトナム人の男性と出会い、パートナーとなる


絵描きでモデルだった彼は、

とても繊細な「自閉症」で、

「高次脳機能障がい」で幼女のようになった僕の母と、

とても馬が合った。


ただし、

脳の障がいをもつ二人との日々は、

僕にとって容易ではなく、、、


日々、彼らを理解するために、

さらに脳の研究に没頭する。


感情と運命を超えた世界を日々体感する。


そして・・・

日々の研究が功を奏してか?

母は、奇跡のようにみるみる回復!


心配されていたつきっきりの介護生活は、

必要なくなった。


さらに、

母や彼を理解するたびに

生徒さん達の悩みも理解できるようになり、

辞めようと思ったボイストレーナーの仕事でさらに求められるようになる。


生徒数はこの時点で5千人を超える。


そして・・・

27歳の終わりに、

出演したコンサートの帰りに、

フラッシュモブでプロポーズをし、


28歳の11月、

原宿クエストホールで、

同性婚の結婚式を挙げる


同性婚はこの国では認められていないが、

約400人の方に参列していただき、


その模様が日本テレビ「スッキリ!」で特集。

そして、映画化もされる。


余談だが、、

彼と、当時のswitch of voiceのスタッフたちと、

交流の場として、

中目黒にゲイバーを開き、

ママとして、たくさんの人の接客もする。

29歳【美顔ボイトレ】

脳と筋肉を理解すればするほど、母は回復し、

さらに、ボイストレーナーとしても、

たくさんの症例を救えるようになった。


そして、生徒数はあっという間に1万人を超えた。


僕が考案した「美顔ボイトレ」が話題になり、

フジテレビ「ノンストップ!」で、30分の特集を組んでいただく。


それが反響を呼び、

メソッドが書籍化


雑誌やテレビにどんどん出させていただくようになり、

ボイストレーナーとしての世間的地位が少しずつ確立してゆく。


僕のレッスンのキャンセル待ちが続出。

数ヶ月待たないとレッスンが受けられない状況になる。


そのたくさんの声を"視過ぎた"反動か、

幼少期からの目のチック症や、

原因不明の高熱の症状が再発


やはり自分には声が視えている、ことを確信


また、急激な環境の変化で、ストレスが爆発。

自閉症の彼は、そんな僕について来れなくなり、

ある日、自宅から消えてしまう。


結婚式が映画化までされたのに、

即独身に舞い戻る。(涙)


彼には今でも心から感謝している。

煩悩を全て捨てた愛を、彼が教えてくれた。


そう、人間は余計な感情を持ちすぎているのだ。

もっと、もっと、シンプルで良いのだ。

30歳【自問自答】


さらに出演依頼等も増え、

メディアにもどんどん出させていただいた。


その中でも特に、

日本テレビ「マツコ会議」で、

時間丸々特集していただいたことで、

よりフィーバー。


全国を飛び回ることになる。

※途中、神戸で6歳年下の彼氏をゲット。笑


教えた生徒数はついに2万人を超える。


しかし・・・

日々何度も同じメソッドを、

たくさんの人に伝えてゆく中で、

肉体的にも精神的にも疲弊し始める。


声をテーマにした仕事は絶対向いているが、

本当に、自分の人生の使命は、これなのか?


自問自答の日々。


もっと、もっと、僕にはカリスマがある。

人の人生に影響を与える、特別な力がある。

そう信じているが、なかなか見出せない。


「声」が色で見える。その人の人生の「色」を感じる。

自分が乗り越えた数々の困難にも「色」があった。

「色」を変えることで、僕は生徒の皆さんにどうなって欲しいのか。


そんなことを考えながら、来る日も、来る日も、

全身全霊で、レッスンをし続けた。


人の声と向き合えば向き合うほど、

人の未来や、魂の叫びが、見えるようになった。


31歳【現在。声で魂を、占う。】

悩んでいることをよそに、コロナ渦となる。

そもそもボイトレレッスンを開催することが難しくなる。


自問自答をしてゆくうちに、

「このメソッドは、映像化や、

誰か優秀な人を育てて、伝えてもらおう」

と決意。


全てのメソッドを詰め込んだDVDを制作したり、

「日本ボイス&ビューティ協会」を立ち上げ、後進の育成を開始。


自分は、、、

これまでの人生経験と、

自分の「声」について感じる特殊能力を活かし

人の人生にさらに踏み込んだアドバイスをするために、


「占い師」になることを決意。


「声」の話だけでは占いきれない部分を補うための占術を学ぶ。


四柱推命、占星術、

そして、メインとなる「多次元数秘術」の技術を習得。


自分の「声が色で見える」霊的な能力と、

具体的な数字がベストマッチ。

「声色数秘術」を開発。


2020年12月22日。

木星と土星のグレートコンジャンクション、

風の時代の幕開けの日に、START。


_______________


皆さんがそれぞれ抱える、生きづらさを、

皆さん発する「声」と、数字から読み解き、

これまで2万人以上をカウンセリングしてきた技術で、

背中を押したいと思っています。


初めましての方も、

僕はいろんな痛みを知っています。

安心して、声を、聞かせてください。


お待ちしています。



鳥山真翔